タイトル画面

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

「り(リ)」の博多・糸島弁(工事中)

1 りきむ  《詳しくはこちら》
  【標準語】威張る、踏ん張る
【意味等】
【意味等】
(1)「威張る」のりきむ
《意味》勢いの強いことを見せびらかす、はばをきかす、おごる、たかぶる
《同義》こうかる、りきむ
《用例》「そえんリキミなんな、偉かたあ…ああたの父ちゃんで、ああたやなかと」
 →「そんなに威張るなよ、偉い人は…あなたのお父さんで、あなたじゃないの」
(2)「踏ん張る」のりきむ
《意味》耐える、我慢する、怒る
《用例》「コロナで経営なガタガタばってん、リキンで知恵出いて…頑張らないかん」
 →「コロナで経営はガタガタだけど、踏ん張って知恵出して…頑張らないといかん」
2 りこうもん
  【標準語】利口者
【意味等】分別がある人、利口な人
【参考】りこう(利口)+もん(者)→利口者
【用例】「あらあリコウモンやけん、そつのう仕事ばこないて…あの若さで専務ぜ」
 →「あいつは分別があるヤツなので、そつなく仕事をこなして…あの若さで専務だ」
3 りやかーぶたい
  【標準語】リヤカー部隊
【意味等】西新商店街で産地直送販売をするリヤカー集団、リヤカーでの露店販売隊
【参考】早良や糸島、唐津などの農家が行う西新商店街でのリヤカーを使った露店販売
【関連】
・戦後まもなく西新商店街を中心に始まり、地域に愛されて現在も続いている
・主に、野菜や果物、魚介類、花、漬物、みそ、餅などの産直品を販売している
・多いときは100台以上のリヤカーが並んだが、現在は10台程度に減少している
・伊都菜彩などの産直店が近郊にできて、リヤカー部隊の規模は小さくなった
4 りゅうぎもん
  【標準語】偏屈
【意味等】性格が偏った人、ひねくれている人、頑なな人
【参考】由来は「流儀者」、りゅうぎ(独自のしきたり)+もん(者)→頑なな者
【用例】「あらあリュウギモンやけん…誘いなんな、喧嘩いなって…酒の不味うなる」
 →「あいつはひねくれ者だから…誘っちゃ駄目だ、喧嘩になって…酒が不味くなる」
5 リュウキュウイモ
  【標準語】サツマイモ
【意味等】ヒルガオ科サツマイモ属の植物、およびその根塊(芋の部分)
【参考】由来は、沖縄(琉球国)を経由して鹿児島(薩摩)に伝わったことから言う
【同義】カライモ、カンショ、トイモ、トウノイモ、リュウキュウイモ”
6 リョウボウ
  【標準語】リョウブ
【意味等】令法、リョウブ科の落葉小高木
7 りん
  【標準語】枕木
【意味等】木材などを積むときに敷く木材、船を引き上げなどのときに敷く丸太
【参考】由来は「厘木・輪木(りんぎ)」で地面との間に隙間を作る枕木のこと
8 りんじ
  【標準語】余分
【意味等】一時的に発生したもの、予定以外に発生したもの
【参考】由来は「臨時(りんじ)」、臨時的に発生した予定以外のもの
【用例】「一時金ばもろうたが…こらあリンジの収入やけん、嫁いな黙っとこう」
 →「一時金をもらったけれど…これは予定外の収入だから、妻には内緒にしとこう」
9 リンチョウ
  【標準語】ジンチョウゲ
【意味等】沈丁花、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木

■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■TOP画面に戻る