あえくる、あえる

【標準語】混ぜる、愚弄する

【品詞】動詞

【意味】

(1)「混ぜる」のあえくる

《意味》

・混ぜ返す、掻き回す、ごたごたにする

《参考》

・物理的なものだけでなく、話し合いなどの雰囲気などを掻き回すことにも使う

《用例》

・うちの酢味噌和えな…細切りの大根やら人参やら、コノシロやらば酢味噌でアエルと
 →我が家の酢味噌和えは、細切りの大根や人参、コノシロなどを酢味噌で混ぜ合わせるの

・車の商談の決まりかけようとい、旦那の話ばアエクリなぁもんやけん…流れっしもうた
 →車の商談が決まりかけてるのに、旦那が話を混ぜっ返すもんだから…流れてしまった

(2)「愚弄する」のあえくる

《意味》

・人を馬鹿にして弄ぶ、ひやかす、からかう、ごまかす

《参考》

・相手の気持ちや感情を掻き回す・逆なでする言動のこと

《用例》

・さいぜんから、ネコばアエクリようが…やめときない、掻き裂かれたっちゃしらんばい
 →さっきから、ネコをからかっているけど…やめなさい、引っ掻かれても知らないよ

・あらあ根性悪やけん…我がより弱かと思うたらアエクルっちゃもん、嫌われとんなろうが
 →あいつ根性悪だから…自分より弱いと思ったら馬鹿にするんだ、嫌われているだろ

【同義】あえる、あえくる

【参考】ことばの由来

・「あえる」:由来は「和える(あえる)」、混ぜ合わせること、混ぜ合わせて調理すること

・「あえくる」:あえ(和える:混ぜ合わせる)+くる(繰り返す動作を表す)

【類義】せせがいまわす

《意味》
・余計な口出しをする、差出口する、口出しする

《参考》
・由来は、せせがう(秩序を乱す)+まわす

《類義》せせくりまわす:執拗に扱いまわす、余計にいじりまわす

《用例》
・あんたがセセガイマワスけん、まとまる話の…まとまらんごとなったろうが
 →あんたが余計な口出しをするから、まとまる話が…まとまんなくなっちゃただろう

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「あ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「兄ちゃん…貸して!」
「取れなきゃ貸さん!」
「そんなに弟をからかわないの!喧嘩になるよ!」
「やめなさい」

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「あ」の索引に戻る