あばくる(あばける)

【標準語】ただれる、荒れる

【品詞】動詞

【意味】
・できものが大きく拡がる、腫れる、化膿することなど
・酒に酔い常軌を失う、礼儀が乱れることなど
・いっぱいで、溢れること、こぼれることなど

【用例】
・掻きむしるけん、でけもんのあばけとる
→掻きむしるから、できものが拡がってしまっている
・飲ましたらいかんって言いよったろうが、あいつぁいっつもあばけるっちゃけん
→飲ませたらだめだと言ってただろ、あいつはいつも酔って乱れるんだ
・そげんいっぱい注がんと、ビールのあばれこぼれしよろうが
→そんなにいっぱい注がないで、ビールが溢れてこぼれてるでしょ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる用例解説(その1)

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる用例解説(その2)

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)