いいこぶし

 

【標準語】物言い、言いよう

【品詞】名詞

【意味】

(1)「物言い」の「いいこぶし」

《意味》口のきき方、話しよう

《用例》

・なんや?そのイイコブシな、それが先輩いの口の利き方や?ため口な…いきめえもん
 →なんだ?その話し様は、それが先輩への口の利き方か?ため口は…駄目でしょ

・仕事な出来ょうが…イイコブシの悪か。おらあ…あんかたあ好かん
 →仕事は出来るだろうが…物言いが悪い。俺は…あんなやつは嫌いだ

・ああた…頼みようっちゃろ?そえなイイコブシで…おらあ「よか」っちゃ言いきらん
 →あんた…頼んでるんだろ?そんな口の利き方で…俺は「いいよ」っては言えないね

(2) 「言いよう」の「いいこぶし」

《意味》言いかた、言い表し方

《用例》

・プライドな…あろうばってん、謝るとなら…他いイイコブシのあろうもん
 →プライドは…あるだろうが、謝るんなら…他に言い表し方があるでしょう

・偉か人やけん…イイコブシいな注意しとき、おきなか仕事の…チャンスやけんね
 →偉い人だから…話し方には注意してね、大きな仕事の…チャンスなんだから

・おスマホ?何でちゃ「お」ば付けたんだ、上品かイイコボシいなる訳やなかとぜ
 →おスマホ?何でも「お」をつけたら、上品な言い方になる訳じゃないんだよ

【参考】

・由来は不明、いい(言い)+こぶし(小節)→言い回し…なのか?

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる用例解説

【翻訳】
「あなたに忍耐力がないから、仕事が長続きしないのよ!このだめ亭主!」
「そうだよ、言うとおりだ。でも、お前は物言いが悪い!もう嫌になった…今日は仕事なんか行かずに寝る!うるせえ、性悪女!」

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)