いぼる、いもる

【標準語】ぬかるみにはまる、埋もれる

【品詞】動詞

【意味】
・田植えなどで泥に足を取られる
・雨や雪などで道が泥深くなって歩きにくい様
・埋まる

【同義】いぼる、いもる

【参考】語源は諸説ある
・古語の「埋もる」の変形
・灸の痕がただれること「いぼう」の変形 など

【用例】
・車ば田んぼい停めとったら、タイヤのいぼり込んでしもうた
 → 車を田んぼに停めていたら、タイヤがぬかるみにはまり込んでしまった
・いぼるけん長靴ば履いてきたばってん、泥ん中い脱げっしもうた
 → ぬかるむから長靴を履いてきたのだけれど、泥の中に脱げてしまった
・5年生は田植え体験げな、いぼるけん、毎年のぼせるとのおるもんな
 → 5年生は田植え体験らしい、泥に足を取られるから、毎年大はしゃぎする子がいるものね

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る