おおかもん

【標準語】いくらでもある

【品詞】副詞

【意味】
・いくらでもある
・どこにでもある
・たくさんある

【用例】
・糸島い行きゃあ「直売所」やらおおかもんたい
→糸島に行けば「直売所」なんか、どこにでもあるよ
・資金も技術もなかとい、就農ばしたがんなあうんてれがんな、おおかもんたい
→資金も技術もないのに、就農をしたがる無計画な人は、いくらでもいる
・家庭教師ばしよる九大生なあ、おおかもんたい
→家庭教師をしている九大生は、たくさんいるよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「お」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「お」の索引に戻る