おとこし

【標準語】下男、夫、男たち

【品詞】名詞

【意味】
・男性の雇い人、主に農家などに雇われて農作業や雑事をする
・妻が自分の夫のことを言う言葉
・男たち、男衆

【対義】おなごし

【用例】
・むかしゃあ、田植えやら稲刈りんときゃあ、たいそおとこしの来よんなった
→昔は、田植えや稲刈りのときは、たくさんの下男が来ていた
・うちのおとこしゃ、たんたんばっかし飲んでいっちょも仕事しなれん
→私の夫は、酒ばかり飲んで、少しも仕事をしない
・おっか荷物ば運ぶならおとこしのいるばい、うちがてったいいこうか?
→大きな荷物を運ぶのならおとこでがいるよ、俺が手伝いに来ようか?
・こっから向こうはおとこしの席、こっち側はおなごしの席
→ここから向こうは男性の席、こっち側は女性の席

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「お」の索引に戻る

イラストによる状況解説

SONY DSC

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「お」の索引に戻る