かか、かかあ、かかさん、かかしゃん、かかやん、かくさん、かっかあ

【標準語】家内、母親、おかみさん

【品詞】名詞

【意味】
・自分の妻を他に対して言う語
・母、母親、おかあさん、おっかさん
・主婦を呼ぶ語
・目上の婦人を呼ぶ語
・他人の妻、女を呼ぶ語
・おかみさん、商人や職人の妻
・自分の女房を卑下して言う

【同義】かか、かかあ、かかさん、かかしゃん、かかやん、かくさん、かっかあ

【類義】ごりょんさん

【参考】「かっかあ」は幼児語で、主に母親をさす

【用例】
・うちのかかしゃんな、がらがら柿やもん
→私の女房は、すごく口うるさい
・あんたのかかさんなあ、えらい美人げなねえ
→あなたの奥さんは、すごく美人だそうですねぇ
・うちのかかやんながじっぽうやけん、破れたら何でちゃあかがんなあと
→うちの母はケチだから、破れたら何でもふせを当てるんだ
・おまいのかかやんな、またステージで踊りよんなあばってん…目立ちたがりやねぇ
→君のお母さんは、またステージで踊っているけど…目立ちたい人なんだねぇ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る