からう、かるう、かろう

【標準語】背負う

【品詞】動詞

【意味】背負う、おんぶ、背に乗せる、担ぐ

【参考】語源は古語の「担う(からう)」で、九州各地で使われる語彙

【関連】「からう」を使った言葉:「ひっからう(ひっかろう)」

《意味》背負う、担ぐ(「からう」の強調語)

《参考》ひっ(強調の接頭語?引く?)+からう(かつぐ)→背負う、ひょいと担ぐ

【同義】からう、かろう

【用例】

・1年生なランドセルばカロウとうとかカロワレとうとか、わからんごと見ゆる
 →1年生はランドセルを背負っているのか背負われているのか、わからないように見える

・天気のよかけん、お孫さんばカロウて散歩い行きよらっしゃーと?
 →天気がよいので、お孫さんを背負って散にお出かけですか?

・連帯保証人やらなんなんなよ。えらい借金ばカロウこともあるとバイ
 →連帯保証人なんかなっちゃいかん。ものすごい借金を背負うこともあるんだぞ

・今日な学校な遠足やろ?リュックサックばヒッカロウて2列で歩きよんなった
 →今日は学校は遠足でしょ?リュックサックを背負って2列で歩いていたよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る