がっぱし、ぐっしゃり、ぐらり、げんなり

【標準語】がっかり

【品詞】副詞

【意味】
・がっかり、がっくり、気落ち、力落とし
・望みがなくなったり当てが外れたり精神的なダメージを受けて気力をなくす状況
・失望、落胆、絶望、幻滅
・ひどく疲労した状態

【同義】がっぱし、ぐっしゃり、ぐらり、げんなり

【用例】
・携帯は壊るるし財布な落とすし、さんざんな日やった…もう…がっぱしやねえ
→携帯は故障するし財布は落とすし、さんざんな日だった…もう…がっくりだねえ
・5年ばい…5年もつきおうて振らるるとよ…がっぱしこいたやねえ
→5年よ…5年もつき合って振られるんだぞ…失望してしまったよ
・朝い背振は出発して井原山、そいから雷山まで縦走してきたばってん…もう、がっぱし
→朝に背振を出発して井原山、それから雷山まで縦走してきたけど…もう、疲労困憊です

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る