きがさもん、きじょうもん

【標準語】几帳面な人、しっかり者

【品詞】名詞

【意味】
・いつでも物事をきちんとして行き届いている人
・気の強いしっかり者

【同義】きがさもん、きじょうもん

【関連】きじょう(名、形動)について
①几帳面の意:身のまわりの注意や服装、髪かたちなどをきちんとする心掛け
②気丈の意:心がしっかりしていること、気持ちをしっかりと保つさま、気丈夫

【参考】きじょうばだす:頑張る、最後まで一生懸命に努力し通す
≪用例≫「医者いなる」て言うて、きじょうば出して九大医学部い入んなったげな
→「医者になる」と言って、一生懸命に頑張って九大医学部に合格したそうだ

【用例】
・不幸の続くとい、あっちの奥さんなきじょうもんやけんシャンとしとんなる
→ご不幸続きなのに、あちらの奥さんはしっかり者だからきちんとしてある
・あいつぁきじょうもんやけん、がてんのいかんやったら先生いっちゃしかかんなあもん
→あいつは気が強いしっかり者だから、納得いかなければ先生にだって喧嘩を売るんだ
・また試合い負けたとな?つぁーらんねぇ、優勝ば狙うぐらいきじょうばだいてんやい
→また試合に負けたのか?つまらんなあ、優勝を狙うくらい最後まで努力してみろよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る