くえる、くゆる

【標準語】崩れる

【品詞】動詞

【意味】
・壊れ落ちる、砕け壊れる、崩れる
・欠ける
・灸の痕がただれる

【同義】くえる、くゆる

【類義】くずす、くずらかす、くやす:崩す、破壊する、両替する
≪用例≫
・1万円札ば千円札10枚いクズシちゃらん
→1万円札を千円札10枚に両替してくれないかい
(注)「くずす」は、標準語っぽいですが全国広範囲で使われている方言です。
・敵の侵攻してこんごと、この橋ば爆破してクズラカス
→敵が侵攻してこないように、この橋を爆破して破壊する
・このスープな、上のパイ生地ばクヤシテから食うちゃんしゃい
→このスープは、上のパイ生地を崩してからお召し上がりください
≪関連≫「くやす」を使った言葉
・「つっくやす」→突き崩す

【用例】
・造成しよんなった住宅用地な、昨日の大雨でクエテしもうて、おおごといなっとう
→造成されていた住宅用地は、昨日の大雨で崩れて、大変なことになっている
・今度の台風なひどかったなあ。2階の外壁のクエトウ
→今度の台風は酷かったねぇ。2階の外壁が崩れているよ
・集中豪雨で峠道のクエカケよったばってん、とうとうたつのうって通られんごとなっとう
→集中豪雨で峠道が崩れかけていたけど、とうとう崖が崩れて通行できなくなっている

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る