ぐすとも、ぐすともせん

【標準語】びくとも

【品詞】副詞

【意味】
・びくとも、少しも
・てこでも

【参考①】「ぐすとも+~ない」
・ぐすともせん:びくともしない、ちっとも動かない、少しも驚かない
・ぐすとも動かん:てこでも動かない、動く気配すらない

【参考②】主に糸島を中心に使われる:糸島弁

【用例】
・このビルな基礎の強かけん、大地震のきたっちゃグストモセンばい
→このビルは基礎が強いから、大地震が来てもびくともしないんだ
・この虫な死んだふりしとうとかいな、ネコからくじられようといグストモセン
→この虫は死んだふりを捨ているのかな、ネコから弄ばれているのに少しも動かない
・「わっ」って驚かしてもグストモセンたあ、隠れとうとのわかっとったっけんやろ?
→「わっ」っと驚かしてもちっとも驚かないのは、隠れてるのがわかっていたからだろ?
・かかさんのはらかいとんなるけん飯やら風呂やらグストモしなれん、うてあいもしなれん
→妻が怒っているのでご飯や風呂などちっとも準備してくれない、相手にもしてくれない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る