げいのおおか

【標準語】仕事ですることが多い

【品詞】形容詞

【意味】
・一つの仕事を仕上げるのに、いろいろとすることの多い
・仕事としてすることが多い

【用例】
・日本刀な、鍛冶やら砥ぎ、彫金、漆、組紐やら…ほんにいゲイノオオカ、伝統工芸やねえ
→日本刀は、鍛冶や砥ぎ、彫金、漆、組紐など…本当に仕事が多い、伝統工芸だねぇ
・コンビニのバイトなレジの他い、支払やら受付やら…何やらかんやらゲイノオオカと
→コンビニのバイトはレジの他に、支払いや受付など…何やかにやと仕事が多いんだ
・農業やら植えりゃでける、きやーすかと思うとろ?生業いするとは…ゲイノオオカとぜ
→農業って植えればできる、簡単と思ってるだろ?生業にするには…やること多いんだぞ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「け」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「け」の索引に戻る