こうぼう

【標準語】①運、②猫背

【品詞】名詞

【意味】
・巡り合わせ、運命:「運」の意
・猫背、背が曲がること:「猫背」の意
・背骨が後方に出っぱって弓状に曲がる病気:「猫背」の意
※「こうぼう」は主に糸島地区で使われる方言。

【参考】「運」の意味を持つ「こうぼう」
《光芒》尾を引くように見える光の筋、一筋の光
《好望》前途が有望であること、よい見込みがあること

【関連】
・こうぼうのよか:運がいい、好運、状況が良い
・こうぼううんわるか、こうぼうのわるか:運が悪い、悪い運命、不運、不幸せ
・こうぼうかるうとる:背が曲がっている、猫背、くる病などによる背の曲がり

【用例】
・今日のパチンコなこうぼうのよか。500円でフィーバーのかかって5連チャンやもん
→今日のパチンコは運がいい、500円でフィーバーがかかって5連チャンだもの
・今度の旅行なこうぼうのわるか。行きは事故、帰りは大雨で渋滞、ずっとバスの中やもん
→今度の旅行は運が悪い。行きは事故、帰りは大雨で渋滞、ずっとバスの中だもの
・昔の婆しゃんなこうぼうかるうとる人の多かったばってん、このごらああんまと見らんや
→昔のおばさんは腰の曲がった人が多かったけれど、このごろはあまり見ないね

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る