ざっといかん、ざっとなか

【標準語】容易ではない

【品詞】連体詞

【意味】
・簡単ではない、たやすくない、簡単にはいかない
・大変である、骨が折れる

【同義】ざっといかん、ざっとなか

【参考】
・「ざっと」は、大雑把やおおまかに物事を行うさまの意味をもつ
・「ざっといかん」「ざっとなか」は九州各地で使われている

【関連】ざっともん:大雑把な人、決まりのつかない人

【用例】
・子どもの宿題ば手伝いよったとばってん、これがまた、ザットイカンちゃもん
→子どもの宿題を手伝っていたんだけど、これがまた、簡単にはいかないのよ
・台風の被害のえらい凄かけん、こらあ復旧させるといなザットイカンばい
→開封の被害がもの凄いから、これは復旧させるのには骨が折れるぞ
・ああた簡単に「しちゃれ」言わっしゃあばってん、この仕事なザットナカとですばい
→あなたは簡単に「してくれ」とおっしゃいますけど、この仕事は大変なんですよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る