~さい

【標準語】①~(の方)に、②~(まで)に

【品詞】助詞

【意味】
・動作、作用の進行する方向を表わす
・時や場所を表わす

【同義】~さい、~さん(糸島西部から唐津方面)

【用例】
・あっちサイ行かんで、こっちサイ来ないや。来んとな?おいしゃんな嫌われとうごたるな。
→あっちに行かないで、こっちにおいでよ。来ないの?小父さんは嫌われているようだな。
・「どこサイ行きよると?」「腹のせくけん、病院サイ行きよるとたい」
→「どこに行っているの?」「お腹が痛いので、病院に行っているところだ」
・先生の「家庭訪問な明日の5時頃サイ行くけん」って家の人い言うとくごとって…
→先生が「家庭訪問は明日の5時頃に行くから」と、家の人に伝えておくようにって…
・俺んとこサイ嫁い来ちゃらん?あいつのとこサイ嫁い行かんどって
→俺のところに嫁に来てくれないかい?あいつのところに嫁に行かないでくれ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る