しかかる

【標準語】挑む

【品詞】動詞

【意味】
・挑戦する、迫る
・争いを仕掛ける、攻撃する

【用例】
・まーだ小さかくせい、はらかいて高校生いシカカルっちゃもん、大した餓鬼たい
→まだ小さなくせに、怒って高校生に争いを仕掛けるんだもの、大した餓鬼だよ
・あんかといな隙ば見せたらいかんとばい、シカカッテこうごたる顔ばしとろうが
→あんな人には隙を見せたらいけないんだよ、攻撃的な顔をしているだろ
・デートで、ひょくっとシカカッテきなあけん、たまがってキンタマば蹴り上げっしもうた
→デートで、突然に迫って来られたので、驚いてキンタマを蹴り上げてしまった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る