しざる、ひざる

【標準語】退く

【品詞】動詞

【意味】
・後へ引く、引く、後退する
・下がる

【同義】しざる、すざる、ひざる

【用例】
・電車の来よるけん、きなか線の内側までヒザッちゃんしゃい
→電車が来ているので、黄色い線の内側までお下がりください
・相続の話の面倒臭うなりようごたあけん、よそもんなちょっとヒザッて見とこう
→相続の話が面倒臭くなっているようだから、部外者はちょっと後ろに引いて見ておこう
・ハブとマングースの闘いばい、危なかけん、子供いそこの線までヒザルごと言うて
→ハブとマングースの闘いだよ、危ないから、子供にそこの線まで退くように言って

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る