しびりきょう、しびりんきょう、しびんきょう

【標準語】しびれ

【品詞】名詞

【意味】
・手足のしびれ
・正座などをしたため足にしびれが生じること

【同義】しびりきょう、しびりんきょう、しびんきょう

【参考】しびりきょうの入った:足がしびれ始めた

【用例】
・おいんげさんの説教の長うして、シビリンキョウの入って、焼香のときこけっしもうた
→お坊さんの説教が長くて、足がしびれて、焼香のときに転倒してしまった
・あんた、正座してシビンキョウの入っとらん?…にくじゅうで、足ば踏んじゃろうか?
→あんた、正座をして足がしびれていない?…嫌がらせで、足を踏んでやろうか?
・このごろの子供な…ちゃーらん。すぐいしびりきょうの入るけん、正座させられんもん
→このごろの子供は…つまらん。すぐに足がしびれてしまうので、正座をさせられないんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る