しゃんしゃん

【標準語】ぴんぴん、元気な様子

【品詞】副詞

【意味】
・元気な様子
・しっかりした様
・きちんとしている状況

【参考】もともとの意味は武家のお嬢さんのこと

【関連】
・「しゃんとする」→きちんとする
・「しゃんとしとう」→毅然としている、しっかりしている

【用例】
・ああたんがたの婆しゃんな、100歳いなるとい…しゃんしゃんしとんなあね
→あなたん家のお婆ちゃんは、100歳になるのに、しっかり元気にしているね
・いつもな具合の悪かって言いなあとい、飲みごとんときゃ…しゃんしゃんして行きなあと
→いつもは具合が悪いと言っているのに、飲み会のときは…元気な様子で行くんだよ
・おまやあこの係の責任者やろうが…シャントシヨカナア部下い示しのつきめえもん
→お前はこの係の責任者だろうが…きちんとしていないと部下に示しがつかないだろ
・あっちの息子さんなシャントシトウ…あんくらいの男なら娘ば任せられるっちゃがねー
→あちらの息子さんはしっかりしている…あれぐらい男なら娘を任せるんだけどねー

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る