すばぶる、すわぶる

【標準語】しゃぶる

【品詞】動詞

【意味】
・口の中にくわえてなめる、ねぶる
・おっぱいを吸う

【同義】すばぶる、すわぶる

【参考】語源は「しわぶる」(古語):口にくわえてなめる

【用例】
・このスペアリブな旨か。あの人やら、骨までスワブリツイテ食いよんなる
→このスペアリブは旨い。あの人なんか、骨までしゃぶりついて食べているよ
・赤ちゃんな、泣いて、寝て、乳ばスワブルとが仕事たい
→赤ちゃんは、泣いて、寝て、おっぱいを吸うのが仕事だよ
・カニな足ばスワブッテ…甲羅のカニ味噌ばねぶりまわいて食わなあ、食うた気のせん
→カニは足をしゃぶって…甲羅のカニ味噌をなめまわして食べないと、食った気がしない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「す」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「す」の索引に戻る