せいきゅうじん

【標準語】せっかっちな人

【品詞】名詞

【意味】
・せっかちな人
・短気な人

【参考】漢字で書けば「性急人」、性急に物事を進める人

【用例】
・まあだ生やけん食うな。セイキュウジンやけん、肉のよおと焼けとらんとい食いよろうが
→まだ生だから食うな。せっかちだから、肉がよく焼けてないのに食っているだろ
・漬かっとらんって?沢庵の一日二日で漬かるもんかい…ほんにいセイキュウジンやねえ
→漬かってないって?沢庵は一日二日で漬かるもんじゃない…本当に短気者だねえ
・飲み会な夕方からんとい、セイキュウジンやけん昼過ぎいな…セカセカ行きよんなった
→飲み会は夕方からなのに、せっかちな人だから昼過ぎには…セカセカと出かけていたよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
(夫)食うものがなくなったぞ!さっさと持ってこないか、まだか?俺は待つのが一番嫌いなんだ。
(妻)コース料理だからゆっくり出てくるんです。もう、恥ずかしい。一緒に来なけりゃよかった…本当に短気なんだから…

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る