せいのでる、せえのでる

【標準語】精が出る

【品詞】動詞

【意味】
・仕事に励む、懸命に働く
・よく活動する

【関連】「せえ」のつく関連のことば~用例あり
・せえつからかす:疲れ果てる、困り果てる
《参考》せえ(精)+つからかす(疲れさせる)
《用例》「徹夜で仕上げとんなるけん、セエツカラカイテずーっと寝とんなる」
→「徹夜で仕上げているので、疲れ果てて、ずっと寝ているよ」

・せえのでる:精が出る、仕事に励む、懸命に働く、よく活動する
《参考》せえ(精)+でる(出る)
《用例》「売り上げの伸びたら給料の上がるけん、営業いセイノデルや」
→「売り上げが伸びたら給料が上がるので、営業に力が入るよ」

・せえのでますなあ:働き者ですね
《参考》仕事をしている人への挨拶のことば
《用例》「朝からセイノデマスナア」→「朝から、よく働かれますね」

・せえぶんのなか:精気が無い、元気がなくてすぐ疲れる、病気などで気力が落ちている
《参考》せえぶん(精気)+なか(ない)
《用例》「おきなか病気ばしてからセエブンノナカごとなって…つぁーらんごとなりよう」
→「大きな病気をしてから過ぎつかれるようになって…ダメになっている」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る