ぞうたん


【標準語】冗談

【品詞】名詞

【意味】
・無駄話、無駄口、雑談
・ふざけた話、たわむれ話、まともじゃない話

【参考】「ぞうたん」は古語で雑談のこと、福岡、佐賀、長崎を中心に北部九州で使われる

【関連】「ぞうたん」を使った関連の言葉
・ぞうたんのきかん→冗談が通じない、融通が利かない、馬鹿正直、几帳面、厳格
《用例》「あの人な、石部金吉やけんゾウタンノキカン…逆いがられっしもうた」
 →「あの人は、生真面目で堅物だから融通が利かん…逆に怒られてしまった」
・ぞうたんのごと→そんな馬鹿な、馬鹿らしい、冗談じゃない、途方もない、意外だ
《用例》「ゾウタンノゴト…ビール1本で1万円って…どえんなとうとや、この店なぁ」
 →「そんな馬鹿な…ビーツ1本で1万円って…どうなっているんだ、この店は…」

【用例】
・いっつもゾウタンのごたることばっかし言いよんなるが…大丈夫な?ああたの社長な
→いつも冗談のようなことばかり言ってるけど…大丈夫なの?あなたの社長は
・ゾウタン言わんで、仕事ばしない…作業ばする手の止まっとるばい
→無駄話をしないで、仕事をしなさい…作業をする手が止まっているでしょ
・ほんなこと…ゾウタンやなかって…さあっき宇宙人のそこで餃子ば食いよったと
→本当のことだ…冗談じゃないんだ…さっき宇宙人がそこで餃子を食べていたんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「ああで…こうで、ねえ~もう、そりゃ、たいへん!なっ!面白いだろ」「HAHAHAHA…そんな馬鹿な!」冗談が通じない人。「で…何が言いたいの?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る