ぞうのきりわく、ぞうのわく

【標準語】腹が立つ

【品詞】動詞

【意味】
・怒り心頭に発する、憤怒する、激怒する
・癪に障ってムカムカする
・恨む

【同義】ぞうのきりわく、ぞうのわく

【参考1】ことばの意味:怒りの最上級
「ぞう(臓)=はらわた」が「きり(切り)=キリキリ」ときしむように「わく(湧く)=煮えくり返る」くらい激怒しているという意味

【参考2】他の「怒り」を表す言葉との比較
(弱い)「はがいか」<「ぐらぐらこく」<「はらかく」<「ぞうのきりわく」(強い)

【関連】「ぞう」は「ぞうばた」や「ぞうわた」と同義
《意味》人間を含む脊椎動物の内臓の総称、臓腑のこと
《参考》漢字で「臓端」…内臓の部分・部位の意
《用例》「もつ鍋な…牛の肉やのうして、ゾウバタばキャベツやらニラやらと煮た鍋たい」
 →「もつ鍋は…牛の肉じゃなくて、内臓をキャベツやニラなどと煮た鍋です」

【用例】
・母ちゃんの、俺のマンガの本ば、そうようしてとんなあと…ほんにゾウノキルワク
→母が、俺のマンガの本を、すべて捨てちゃったんだよ…本当に腹が立つ
・始めな…はらかいとらんやったばってん、詳しゅう聞いたら…ゾウノキリワコウごたる
→最初は…怒ってなかったけど、詳しく聞いたら…はらわたが煮えくり返りそうだ
・おらあ…すらごとが、いっちすかん…馬鹿いされたごたって、ゾウノワコウごとなる
→俺は…嘘が、一番嫌いだ…馬鹿にされたようで、怒り心頭に発しそうになる

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
老人A「お前なんか嫌いだ」「死ねばいいのに」「あっかんベーだ」「うんこじじい」
老人B「な、何だと~!き・貴様~!」「お・お・お・お…はらわたが煮えくり返る…ぐおおおおお」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る