ぞごぞご

【標準語】ぞくぞく

【品詞】副詞

【意味】
・寒気がする様
・身震いする様

【参考】寒さや恐怖、不快、あるいは感激や期待に起因し、身体が震える状態を表わす

【関連】「そごぞご」を使ったことば:「ぞごぞごする」
《意味》悪寒が走る、悪寒がする、恐怖などで身震いする
《用例》「ああた、そえな…いかもん食うと?見とってゾゴゾゴスルけん、あっちで食うて」
→「あなた、そんなゲテモノ食うの?見てて不快で身震いしそうなので、あっちで食べて」」

【用例】
・冷蔵庫の奥い入っとったタッパば洗うたとばってん、ねまって…臭さいゾゴゾゴしたや
→冷蔵庫の奥に入っていたタッパを洗ったんだけど、腐ってて…臭さに身震いしたよ
・つんたか風の入って、ゾゴゾゴするけん…戸ば開けたら、ちゃんと閉めちゃらんね
→冷たい風が入って、寒気がするので…戸を開けたら、ちゃんと閉めてくれないかい
・あたっかパンティーば盗んで…どげんしよんなあか考えたら、ゾゴゾゴしょうごたあ
→私のパンティーを盗んで…どのようにしているのか考えたら、悪寒が走りそうだわ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
夫「風呂…沸いてないよ。まーだ水だったぞ…うーっ、寒い…身震いしそうだ」
妻「すごく…震えて…沸いているがどーかを確かめずに入ったの?馬鹿だね…」「一応ごめん」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る