だだくさ、だらくさ

【標準語】粗雑、だらしない

【品詞】名詞、形容詞

【意味】
・粗末、雑
・締まりがない、だらしない、だらけている
・ズボラ、自堕落
・ばからしい、ばかばかしい

【同義】だだくさ、だらくさ、だらくさか

【参考】「だだくさ」は同じ意味で中部地方でも使われている

【関連】「ダラクサ」を使った言葉
・だらくさな
《意味》無作法な、粗末にする、下劣なことを
《用例》「うちゃあ高級店やけん、お客さんいダラクサナこたあしなんなよ」
 →「うちは高級店だから、お客様に無作法なことはしないように」

【用例】
・なんな、この仕事な…ここの大工なダダクサな仕事ばするね。もう、頼まれんや。
→なんだ、この仕事は…ここの大工は雑な仕事をするなァ。もう、発注できないね。
・定期演奏会まで1週間しかなかとばい…ダラクサナ演奏ばお客さんに聴かするとな?
→定期演奏会まで1週間しかないんだぞ…締まりのない演奏をお客さんに聴かせるの?
・部屋ば片付けない…ゴミ屋敷いなっとろうが、ダラクサカ生活ばしよったらいかんばい
→部屋を片付けろ…ゴミ屋敷になってるだろうが、自堕落な生活をしてたらいけないぞ
・なんてや…ホステスい入れ込んで、えらい金ば使いよんなあと?馬鹿やん…ダラクサナ
→何だって…ホステスに入れ込んで、大金をつぎ込んでいるって?馬鹿だね…ばからしい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「だらしない…!これじゃ…嫁になんか出せないわ…」「今日は、お休みだから何も言わないで」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る