ちっちくれ

【標準語】一目散

【品詞】名詞・動詞

【意味】
・一目散
・縮みあがる

【参考】「ちっち(縮む)+くれ(目の前が暗くなる)」、その結果…急いで逃げることから「一目散」の意となる

【用例】
・物陰からウサギのチイッチクレイ逃げていて、急やったけん…こっちの方がたまがった
→物陰からウサギが一目散に逃げて行って、突然だったので…こっちの方がびっくりした
・昔の悪そうな…よその柿やらミカンばちぎって、見つかったら…チッチクレイ逃げよった
→昔の悪ガキは…よその家の柿やミカンをもぎ取って、見つかったら…一目散に逃げてた
・山で熊いおうたら、目ば見てじわーっと後ずさり…チッチクレイ逃げたら襲わるるげな
→山で熊に遭ったら、目を見てゆっくり後ずさり…一目散に逃げたら襲われるらしい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ち」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ち」の索引に戻る