ちょろっと

 

【標準語】たちまち

【品詞】副詞

【意味】
・直ぐに、ちょっとの間に:行動がすばやいさま
・ちょろりと:巧妙で迅速なさま、すばやく小さな動きをするさま
・簡単に:あっけなく事が行なわれるさま
・ちらりと:瞬間的に見えたりするさま

【参考】時間や手順などが「少し」であること、また、そのさま

【関連】全国的に使われている方言、「ちょこっと」の意味として使われる場合が多い

【用例】
・あら、醤油の切れっしもうとう…ああた、チョロットスーパーで買うてきちゃらん?
→あら、醤油が切れてしまってる…あなた、直ぐにスーパーで買ってきてくれない?
・車の鍵ば…せっこんでしもうだばってん、業者の人の来てチョロット開けちゃんなった
→車の鍵を…堰き込んでしまったんだけど、業者の人が来てちょちょっと開けてくれたよ
・「数学Ⅰ」ぐらい…公式ば使やあ、たいがいの問題はチョロット解きょうが。
→「数学Ⅰ」くらい…公式を使えば、おおかたの問題は簡単に解けるでしょ。
・この1週間…うちのネコなチョロットもせんが…死んどりめえか?
→この1週間…うちのネコをチラリとも見ないが…死んだりしてないだろうな?

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ち」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「父ちゃん、ご飯だよ…何かわかんないけど、さっさと終わらせて、飯を食いに行こう」「こりゃあ…大変だ。準備は簡単には終わりそうになさそうだ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ち」の索引に戻る