てっぺする

【標準語】すりむく

【品詞】動詞

【意味】
・すり傷を負う、すりむく
・ひじやひざなど、身体の先端部分の皮膚が固い物と擦れて傷を負うこと

【参考】糸島弁、「てっぺ(てっぺん:尖った部分)+する(擦る)」→膝などを擦り剥く

【用例】
・運動会の…走りぐっちょで、えらい…こけっしもうて…膝やらでこやらばテッペスッタ
→運動会の…駆けっこで、激しく…転倒してしまって…膝や額にすり傷を負った
・ああたの孫じょうな…すべり台で転うで、膝ばてっぺすって…大泣きしよんなるが…
→あなたのお孫さんは…すべり台で転んで、ひざをすりむいて…大泣きしているよ…
・昨日、えらい酔うて…朝いなったら、身体のどこやらここやらテッペスッテ…血だらけ
→昨日、ひどく酔って…朝になったら、身体のあちこちに擦り傷を負って…血だらけ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「あらら、転んで…すりむいちゃった…ああ~しまった」「大丈夫?痛いでしょ?うわっ血が出てる、くきゃきゃ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る