できもん、でけもん、でけはち

【標準語】できもの、苦労人

【品詞】名詞

【意味】
・できもの、おでき、ふきでもの
《参考》皮膚の表面にできる化膿性の腫物
《用例①》「けつんぺたい、デキモンのでけて痛痒いかや…どえんなっとうか、見ちゃらん?」
→「臀部に、おできができて痛痒感がある…どんなふうになっているか、見てくれない?」
《用例②》「顔いでくるデケモンな…若っか時な“ニキビ”ばってん、老けたら“フキデモン”」
→「顔にできるできものは、若い時は”ニキビ”だけど、老けたら“フキデモノ”」
《用例③》「デケハチの膿んで痒うなって…寝とううちい掻き破って、あばけっしもうた」
 →「できものが化膿して痒くなって…寝てるうちに掻きむしって、ただれてしまった」

・苦労人、できた人、人物
《参考》苦労して煉磨されている人物
《用例①》「あらあ、こまかとっからの苦労人やけん、人の痛みのわかるデキモンやもん」
→「あの人は、小さな時からの苦労人なので、人の痛みがわかる人物だもの」
《用例②》「次の市長な…あの人が出ちゃんなれんかいな、デケモンやけん…期待でくるぜ」
→「次の市長は…あの人が出てくれないかなぁ、人物なので…期待できるぞ」

【同義】できもん、でけもん、でけはち

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「何か、変なできものができた」「うわ~っ、すごいネェ…これは人面瘡じゃないか!あんた呪われているよ…わはっ。気持ち悪いなあ…絶対ホラーだねえ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る