でちまわす、でっちまわす

【標準語】殴り飛ばす

【品詞】動詞

【意味】
・殴り飛ばす
・ひどい勢いで殴る

【参考】
・「でっち」は喧嘩や殴打を意味する。
・標準語の「でっちあげる」は「捏造する」の他に「殴打する」などの意味がある
・「でっち(喧嘩)+まわす(回す)」→殴りまわす

【関連】暴力を加える方法・種類
・うったたく:強く叩く
・うしばく:強く棒などでひっぱたく
・はつる:平手打ちをする
・はつり倒す:平手打ちを連打する
・くらす:殴る
・でちまわす:殴り飛ばす
・でやす:殴る
・けたぐる:蹴りを入れる
・ぼてくりこかす:ぼこぼこにする
・だごいなす:足腰立たんように痛めつける

【用例】
・父ちゃんの社長しよんなあけん、どげんしたとや。のぼすんな…デチマワスぜ
→お父さんが社長をしてるからって、どうしたんだ。のぼせるな…殴り飛ばすぞ
・父ちゃんな、テレビでK-1見たら…興奮して「デチマワセ、デチマワセ」って大騒ぎ
→お父さんは、テレビでK-1見たら…興奮して「殴り飛ばせ、殴り飛ばせ」って大騒ぎ
・こら善治、友達ばデチマワイタろ?にわか煎餅ば持って…ことわりば言うてきんしゃい
→こら善治、友達を殴り飛ばしたでしょ?にわか煎餅を持って…謝罪してきなさい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「貴様…鉄槌を下す」「できるもんなら…殴ってみ…」ぱきっ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る