どうでんこうでん、どんでんこんでん

【標準語】どうでもこうでも

【品詞】副詞

【意味等】どうしても、絶対に、必ず、是が非でも

【参考】「どうしても」を強めた言い方

【同義】どうでんこうでん、どんでんこんでん

【類義】さっちがもっち、さっちみち、
《参考》同じような意味だが、受動的な行為の結果も表現する
《相違する用例》「さっちみち…負けなあけん」→「必ず…負けちゃうから」

【類義】さりむり(他に対する行為も含む)
《参考》同じような意味だが、他者に対する行為が主となる表現
《相違する用例》「さりむりい…させなんな」→「無理やりには…させるな」

【用例】
・浪人なでけん、落てたら就職やけん…ドウデンコウデン合格せにゃならん
 →浪人はできない、落ちたら就職なので…是が非でも合格なくちゃならない
・9時いな着席しとかなあいかんけん、ドンデンコンデン始発電車い乗らなあいかん
 →9時には着席しておかなきゃいけないので、必ず始発電車に乗らないといけない
・さりむりいお願いしとうっちゃけん…ドウデンコウデン期待に応えらなあいかんとばい
 →無理にお願いをしているんだから…是が非でも期待に応えなければいけないんだよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「どうでもこうでも東京大学に…行くんだ」「落ちたら死ぬつもりですよ!」「必ず、合格しろよ!」「行くのは構わないけど、ばあちゃんは…無理矢理に行かなくてもいいと思ってる」」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る