どんばら

【標準語】太鼓腹、子持ち腹、妊婦

【品詞】名詞

【意味等】
・大きなお腹、太鼓腹、腹
《参考》太皷の胴のように張り出ている腹、ビール腹
《用例》「ビールの飲み過ぎやろうか?このごろ、中年太りで…ドンバラいなりよう」
 →「ビールの飲みすぎだろうか?このごろ、中年太りで…太鼓腹になりつつある」

・子持ち腹、身籠っている腹、妊娠、妊婦
《参考》妊娠して大きくなったお腹、妊娠や妊婦のことも言う
《関連》妊娠は、お腹の前で大きな弧を描くように手の平を動かすジェスチャーもある
《用例》「かあちゃんな、ドンバラ抱えて歩いて行きなった…今日から男やもめたい」
 →「女房は、大きなお腹を抱えて里帰りしたんだ…今日からプチ独身だよ」

【参考】どん(大きいまたは太鼓の音)+ばら(お腹)→太鼓腹、子持ち腹

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「と」の索引に戻る