CANON EX AUTOの後玉を取り外す

後玉の加工で前玉を再活用

前玉交換式のユニークな構造を持つCANON EX AUTO。1972年の製品である。前玉部分を交換する仕組みになっており、後ろ玉部分はカメラと一体となっている。つまり、キャノン製品はもちろん…他の機種とのレンズ交換ができないのである。


ミラーレスで使ってみたい。どんな写りをするんだろう…コアなオールドレンズ愛好家なら…考えたことがあると思います。実現するには、カメラから後ろ玉部分を取り外し、加工しなくてはいけません。カメラを壊すのは罪悪感があるし、何より面倒です。


でも…やっちゃいました。どんなふうにしたかって?詳しくは…こちら「CANON EX AUTOのLENS EX 50mm 1:1.8で糸島を撮る」をご覧ください。後玉レンズに若干のクモリはありましたが、写りに影響がなく普通に使えるようになりました。

 

EX 95mm 1:3.5で糸島を撮る

Ⅿ42ヘリコイドとⅯ42-Eマウント変換リングで、nex-7とα7に交互に取り付けました。早速、95mmの前玉をつけて梅雨の晴れ間で試し撮り。前玉を交換するだけなのに、95mmの単焦点レンズに早変わり。もちろん、キャノン製品なので写りは、ハイクラスです。


APS-Cセンサーの場合は、35㎜換算で約140mmの望遠レンズ…フルサイズでは125mmの中望遠レンズになります。f3.5なので、開放にしても画質は安定しています。フルサイズとAPS-Cを持ち歩くと、1本のレンズで2つの画角が楽しめます。しかし、ミラーレス機は軽いと言いながらも、かさばるのが難点です。


このレンズも解像度が高く、ボケもきれいです。CANON EX AUTOでしか使えないので、ヤフオクではほぼ捨て値で売られています。CANON LENS EX 35mm 1:3.5、50mm 1:1.8、95mm 1:3.5、125mm 1:3.5を入手。近いうちにCANON LENS EX 35mm 1:3.5もご紹介したいと思っています。

レンズも記事もコンプリートしたので、紹介します。

CANON EX AUTOの LENS EX 35mm 1:3.5で糸島を撮る

CANON EX AUTOの LENS EX 50mm 1:1.8で糸島を撮る

 …後玉の加工方法を紹介しています(加工は自己責任で…)

・CANON EX AUTOの LENS EX 95mm 1:3.5で糸島を撮る…現在のページ

CANON EX AUTOの LENS EX 125mm 1:3.5で糸島を撮る