なんでちゃかんでちゃ

【標準語】なんでもかんでも

【品詞】慣用句

【意味】なにもかも、あれもこれも、すべてみな

【参考】なん(何)+でちゃ(であろうと)+かん(彼)+でちゃ(であろうと)

【同義】なんでっちゃかんでちゃ、なんでんかんでん、なんもかんも

【用例】
・断捨離するって言うて…俺んとば、ナンデッチャカンデッチャしてなあと
 →断捨離をすると言って…俺のものを、何でもかんでも捨てちゃうんだ
・うちの亭主…猫舌のいん腹やけん、ナンデンカンデン食うと
 →うちの亭主…猫舌だけど犬のようにお腹を壊さないので、何でもかんでも食べるの
・お巡りさん、おらあ知らん…ナンモカンモ知らんて言いよろうが、なあもしとりまっせん
 →お巡りさん、俺は知らん…何もかも知らないと言ってるでしょ、何にもしていません

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】【翻訳】「鍋だからといって…なんでもかんでも、入れてよいのではないぞ…」「うわあ…これは…イカン」「何だか臭いような…臭いですね」」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る