ばさらか

【標準語】たいそうな

【品詞】形容動詞

【意味等】法外な、たくさん、荒っぽい

1)「法外な」のばさらか

《意味》とても、すごく、贅沢な

《用例》
・この店のラーメンな…あんまと旨うなかばってん、餃子なバサラカ…旨かぜ
 →この店のラーメンは…あまり旨くないけど、餃子は無茶苦茶…旨いよ
・あんたのスーツの柄…バサラカ派手やなぁ、お笑い芸人の舞台衣装のごたるが
 →あなたのスーツの柄…すごく派手だねえ、お笑い芸人の舞台衣装のようだよ

2)「たくさん」のばさらか

《意味》たくさん、いっぱい、あまた

《用例》
・牧のうろんな…麺のバサラカ入って増えもするけん、食うたっちゃ…いっちょん減らん
 →牧のうどんは…麵がたくさん入って増えもするから、食っても…ちっとも減らない
・天の川いな星のバサラカあって、中いな地球のごと生物の棲んどう星も…あろうや
 →天の川には星があまたあって、中には地球のように生物が棲んでる星も…あるだろう

3)「荒っぽい」のばさらか

《意味》大雑把、荒々しい、乱暴な

《同義》あらけなか、ばさらか
《用例》

・そえなバサラカ仕事ばしよったら、信用ののうなって…またから頼みなれんばい
 →そんな大雑把な仕事をしていたら、信用がなくなって…次からの依頼が無くなるぞ
・小さかとっからバサラカ子供やったが…おせいなったら、暴力団の組員になんなった
 →小さい時から乱暴な子供だったが…大人になったら、暴力団の組員になっちゃった

【参考】
・語源はサンスクリット語の「vajra (伐折羅、バジャラ)= ダイヤモンド」
・室町時代の流行語、社会風潮や文化的流行(美意識や価値観)をあらわす言葉
・ダイヤモンドのような硬さで常識を打ち破るようなイメージの言葉、婆沙羅とも書く
・元の「奢侈で派手、遠慮のない振舞い」や「粋で華美を好む美意識」の意が変化したもの

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
①すごく旨いぞ…このソーセージ
②たくさんの現金が出てきました
③乱暴な扱いをするな

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る