ふうがじん、へんちく

【標準語】趣味人、変人

【品詞】名詞

【意味等】

(1)趣味人の「ふうがじん」

《意味》趣味に生きる人

《参考》自分の好みや趣向を重視した生活をする人

《用例》

・うちの…おいしゃんなフウガジンで、家い茶室ば建てて…毎週、茶会ばしよんなあ
 →私の叔父さんは趣味に生きる人で、家に茶室を建てて…毎週、茶会をしているんだ

・ご隠居さんな…フウガジンやけん、いっつも…ようわからん絵ば描きよんなあ
 →ご隠居さんは…趣味人だから、いつも…よくわからない絵を描いているよ

(2)変人の「ふうがじん」

《意味》変わり者、普通の人と価値観が違う人、一風変わった人

《同義》ふうがじん、へんちく、へんちくりん

《参考》語源や由来

[1]「ふうがじん」:一般人と価値観がズレていることから「変人・変わり者」の意を持つ

{補足}語源は、雅な趣を愉しむ「風雅人」が由来

[2]「へんちく、へんちくりん」:諸説あり

〈竹林説〉竹は種類が異様に多いので、変わっているの意で「ちくりん」を使う

{補足}へんちくりん:変竹林、ちんちくりん:珍竹林、みょうちくりん:妙竹林

〈接尾語説〉「ちく」の語源は「的」で「りん」は意味のない接尾語

{補足}へんちくりん:変的、ちんちくりん:珍的、みょうちくりん:妙的

《用例》

・下着からこうにい、着とうもんな…そうようピンク。あらあフウガジンたい
 →下着からこっち、着ている物は…すべてピンク。あいつは変わり者だよ

・何ば研究しよんなあか…知らんばってん、穴ば掘ってそうつきよんなあ…フウガジンやん
 →何を研究してるのか…知らないけれど、穴を掘ってうろついてるんだ…変わり者だよ

・あの教授な…秀才ばってんヘンチクやけん、ぜんいもならん研究ばっかし…しよんなあ
 →あの教授は…秀才だけど変わり者なので、お金にもならない研究ばかり…しているよ

・地のもんな…ヘンチクリン扱いしよるばってん、鉄道オタクの世界でな…レジェンドげな
 →地元の人は…変わり者扱いしてるけど、鉄道オタクの世界では…伝説的人物らしいよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る