ほめく

【標準語】蒸し暑くなる、欲情する

【品詞】動詞

【意味等】

(1)蒸し暑くなるの「ほめく」

《意味》ムンムンする、はなはだしく暑くなる

《用例》

・夕立の降ったけん、涼しゅうなるかと思うたら…えらいホメキましたなあ
 →夕立が降ったので、涼しくなるかと思ったら…たいそう蒸し暑くなりましたねえ

・歳ば取ったんだあ鈍うなって…真夏いホメクとの分からんで…熱中症でのうなる人のおる
 →歳を取ったら鈍くなって…真夏に蒸し暑いのが分からないで…熱中症で亡くなる人がいる

・真夏のハウスの作業な好かん、朝早うからせなあ…ホメクけん、倒りょうごたあ
 →真夏のハウスでの作業は嫌だ、朝早くからやらないと…蒸し暑くなって、倒れちゃいそうだ

(2)欲情するの「ほめく」

《意味》火照る、欲情をもよおす、いちゃつく

《同義》ほとめく、ほめく

《用例》

・温泉宿で、長湯でホメイテ…湯冷ましい冷酒ば飲うで、彼とホメイテ…ああ、いやらっさ
 →温泉宿で、長湯で火照って…湯冷ましに冷酒を飲んで、彼といちゃついて…ああ、いやらしい

・あいつな色男やけん、ホメク女の人な…多か、ばってん…俺のごたあといホメク女性な…おらん
 →あいつは色男なので、ときめく女性は…多い、でも…俺のような奴にときめく女性は…いない

【参考】漢字で「火めく・熱めく」主に気候が暑くなることで、心身が熱く火照ることもいう

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
①「エアコンが壊れてるんだ」
 「こんなに爺さんがいて、誰も修理できないのよ」
②「うなぎパイを食ってしまった」
 「なんで、欲情をもよおしているのよ?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る