あてっぽす

【標準語】あてずっぽう

【品詞】形容動詞

【意味】
・はっきりした成算もなしに事を行うこと、またそのさま
・当て推量、あてずっぽう
・でたらめ

【用例】
・あてっぽす言うたっちゃ、つぁーらん
→当て水量で言っても、だめだよ
・知らんぐらい思うて、あてっぽす言いよろ?
→知らないと思って、でたらめ言っているでしょ?

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)