しかとむない、やくない

【標準語】つまらない、役に立たない

【品詞】形容詞

【意味】

(1)「つまらない」のしかとむない、やくない

《意味》価値がない、取るに足りない

《用例》

・テレビで…えらい話題作のごと言いよったばってん、シカタムナカ映画やったね
 →テレビで…すごい話題作のように言ってたけど、つまらない映画だったね

・娘さんの、シカトムナカ男い引っ掛かっとんなるけん、あっちゃあおおごといなっとう
 →娘さんが、つまらん男に引っ掛かってしまったので、あちらは大変な事になっている

・このお笑い芸人なヤクナイ、いっちょん面白うなか…人気なあるげなが、なしかいな?
 →このお笑い芸人はつまらない、ちっとも面白くない…人気はあるそうだが、何でかな?

(2)「役に立たない」のしかとむない、やくない

《意味》役に立たない、使い物にならない

《用例》

・福引の特賞っていうけん期待しとったばってん、シカトモナカ食器セットやったや
 →福引の特賞というので期待していたんだけど、役に立たない食器セットだったよ

・うちゃあ高級料理店ばい、こえなシカトムナカ食材で…客い出さるる料理やら、でけん
 →うちは高級料理店ですよ、こんなつまらん食材で…客に出せる料理なんて、出来ない

・あんたの連れてきたバイトな、いかん…客なはらかかせなあし仕事も雑、ヤクナイ
 →あなたが連れてきたバイトは、駄目だ…お客は怒らせるし仕事も雑、使い物にならん

【同義】しかたむない、しかたむなか、しかとむない、しかとむなか、しかともない、しかともなか、やくない

【参考】ことばの由来

・しかたむない:「然途(しかと)の無い」の音変異で、仕方がないや役に立たないの意

・やくない:「益無い」または「役無い」の音変異で、利益がないや役に立たないの意

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

《翻訳》
「つまらないものですけれど…良きにお取り計らいください…ひえっひえっ」
「筑前屋…おぬしもなかなかの悪よのう…山吹色が好きなんじゃ!ぬはははは…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る