なんかかんか

【標準語】なにやかや

【品詞】副詞

【意味】あれこれ、なんだかんだ

【参考】「何や彼や(なにやかや)」の音変異

【同義】なんかかんか、なんたらかんたら、なんつかんつ、なんてろかんてろ

【用例】
・いくらよか決断ばしたっちゃあ、ナンカカンカ言うたあおる…政治やらそえなもんたい
 →いくら良い決断をしても、あれこれと言うものはいる…政治なんてそんなものだよ
・ここの病院跡な、ナンカカンカ心霊現象のあって…えらい…えずか目い遭うげな
 →ここの病院跡は、なにやかやと心霊現象があって…すごく…怖い目に遭うそうだ
・大雨やら地震やら疫病やら、令和いなって…ナンカカンカ悪かことの多かなあ
 →大雨や地震、疫病など、令和になって…なにやかやと悪いことが多いなあ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「何だかんだ…」「お客さん、そんなに怒らないで…」「すみません、すみません」「あのじいさん…何やかやと因縁をつける、この辺りでは有名なクレームじじいだよ!」「嫌ーぁ!あれはお義父さんだわ…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「な」の索引に戻る