ねおぞみ

 

【標準語】寝起き、目覚め

【品詞】名詞

【意味等】ふと目を覚ますこと、眠りから目が覚めること

【参考】ね(寝る)+おぞむ(起きる:九州各地の方言)→寝起き

【用例】
・家いおんなあばってん、徹夜明けのネオゾミやけん…機嫌の悪かと思うよ
 →家にいるけど、徹夜明けの寝起きだから…機嫌が悪いと思うよ
・おらあ…ネオゾミのよかけん、ぱっと起きて飯食うて…しゃんしゃんして学校い行くばい
 →俺は…寝起きがいいから、ぱっと起きて飯食って…元気はつらつで学校に行くぞ
・遅うまで飲みよったろ?口の臭うして…ネオゾミ顔もむくうどるばい
 →遅くまで飲んでいたんでしょ?口臭がひどくて…寝起き顔もむくんでいるよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ね」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】まーだ…夜中じゃないの…

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ね」の索引に戻る