ねじける

【標準語】曲がる、ひねくれる

【品詞】動詞

【意味等】曲がる、ねじれ歪む、ひねくれる

【参考】物理的なものだけでなく、性格的な状況も示す
・物理的な「ねじける」:曲がりくねる、曲げる、曲がったもの
・性格的な「ねじける」:ひねくれる、ぐれる、挫折する

【関連】「ねじける」は国内広範囲で使われている

【用例】
・「屋根の看板な…自分で取りつけたったい」「そうやろ、ちーっとネジケトルごとある」
 →「屋根の看板は…自分で取りつけたんだよ」「そうだろう、少し曲がっているようだ」
・山い登るとい、そえな靴ば履いてくるやらあるもんかい、こけて…足ばネジケルが…
 →山に登るのに、そんな靴を履いてくるなどあるものか、転んで…足を捻挫するぞ…
・小学校んときゃ…明るうして真面目かったとい、親の離婚して…ネジケっしまいなった
 →小学校の時は…明るくて真面目だったのに、親が離婚して…ぐれてしまっちゃった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ね」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
①「あーっ、曲がってる…安物はいかん!」
②「責任問題ですよ…国の、まったく」「こんなやつ、早く死ねばいいのに」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ね」の索引に戻る