ばかちん、ばかたれ、ばかぞう

【標準語】馬鹿者

【品詞】名詞

【意味等】愚か者

【参考】愚かなことをする者をあざけっていう言葉

【同義】ばかちん、ばかぞう、ばかたれ

【関連】同じ馬鹿者だが、微妙にニュアンスが違う

1)「ばかちん」:愚かなことをする馬鹿者(まだ笑える馬鹿)→可愛げがある

《用例》
・あらあバカチンやん…自分で掘った落とし穴がどこやったか忘れて、我がが落ちとう
 →あいつ馬鹿者だよ…自分で掘った落とし穴がどこだったか忘れて、自分が落ちてる
・チンチンに唐辛子ば塗って…おおごったい、あらあ何ば考えとうとや…バカチンやもん
 →チンチンに唐辛子を塗って…大騒ぎだよ、あいつ何を考えてるんだ…馬鹿者だよ

2)「ばかたれ」:考えの浅い行為をする馬鹿者(許せる馬鹿)→可愛げはある

《用例》
・うちの息子なバカタレやもん…仕事ば辞めて「自分探しの旅い行く」やらこきようとばい
 →うちの息子は馬鹿者だよ…仕事を辞めて「自分探しの旅に行く」なんてほざいてるんだ
・バカタレ…こえん酒ば買うてどえんするとや?医者から「飲むな」って言われとろうが…
 →馬鹿者…こんなに酒を買ってどうするんだ?医者から「飲むな」と言われてんだろう…

3)「ばかぞう」:不思慮で恥知らずの馬鹿者(笑えない馬鹿)→可愛げがない

《用例》
・あいつくさ、フルチンで女風呂ば覗きよって…屋根からおてて捕まっとう…バカゾウやん
 →あいつさ、フルチンで女風呂を覗いてて…屋根から落ちて逮捕されてる…馬鹿者だよ
・真面目かったとい、定年の近うなってバカゾウのごと風俗い狂うて、女房い捨てられとう
 →真面目かったのに、定年が近くなって馬鹿のように風俗に狂って、女房に捨てられてる

【類義】「のうのわるか」:物分かりが悪い、もの覚えが悪い

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
1「中洲に飲みに行くんだ!でも、お金がない!先輩…1万円貸して…」
「この馬鹿者が…金が無いのに飲みに行くのか?ちゃんと…返せよ!」
2「せっかくだから…風俗にも行きたいんだけど…あと、3万円貸して…」
 「甘えるな!馬鹿者が…風俗には、自分で稼いでから行ってこい」
3「稼ごうと思って…コンビニで強盗したら、捕まった!先輩…助けて」
 「お前は、馬鹿者だ…とりあえず…1万円返せ!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る