はりこむ、ばりこむ

【標準語】奮い立つ、奮発する

【品詞】動詞

【意味等】

1)「奮い立つ」のはりこむ

《意味》精神を奮い起こす、精を出す、熱心にする

《参考》仕事や勉強などの行為・行動を熱心にすること

《同義》がまだす、きばる、はまる、ばりこむ

《用例》
・会社ば立ち上ぐるとい…えらい借金したけん、ハリコウで…はよ返さなあいかん
 →会社を立ち上げるのに…多額の借金をしたので、頑張って…早く返さなきゃいけない
・あの馬鹿ちん「九州大学い行く」言うて…ハリコウで勉強しよんなぁが、何かあったと?
 →あの馬鹿「九州大学に行く」と言って…精を出して勉強しているけど、何かあったの?
・あらあ…仕事ないっちょもせんくせい、釣り行くときゃバリコミなあ。釣りバカやもん
 →あいつ…仕事はちっともしないくせに、釣りに行くときは奮起する。釣りバカだもの

2)「奮発する」のはりこむ

《意味》気前よく金を出す、衣装などに金をかける、人におごる

《参考》奮発して高額な購入や出費、また人に奢ったりすること

《同義》はまる、はりこむ、ばりこむ
・「ばらす」も「おごる、気前よく使う」の意があり同義になるが、あまり使われない

《用例》
・ベンツたい…バリコウで買うたが、社長のごたろ?何て?暴力団のごたあって?
 →ベンツだよ…奮発して買ったけど、社長みたいだろ?何だと?暴力団みたいだって?
・祝儀い30万円も包うできなったが、ハリコミなったねえ…まさか賄賂やなかろうね
 →ご祝儀に30万円も包んでこられたが、奮発したもんだ…まさか賄賂じゃないだろうな
・今日の打上費用な…そうよう社長のハリコミやけん、社長い会うた時い…お礼ば言うとき
 →今日の打上費用は…ぜんぶ社長の奢りだから、社長に会った時に…お礼をいっといて

【同義】はりこむ、ばりこむ

【参考】上記のほかに次の意味もあるが、あまり、使われていない

《意味》理詰を言い困らせる、叱りつける

《類義》きばる:口論する、威張る

《用例》「あの爺さんな…扱いにっか、気いいらんやったらバリコム…クレーマやもん」
 →「あの爺さんは…対応が難しい、気に入らなかったら理屈をこねる…クレーマーだよ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
①「できるまで…いつまででも待っているから…奮起して描いてくれ」
 「ひいい…が、頑張って描かせてもらいます…」
②「さすがに2000年産のボルドーは旨いねえ…」
 「2000年産?すごく、また、奮発して…どうしたの?」
 「下心が見え見えじゃない…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る