ばらす

【標準語】失敗する、バラバラにする

【品詞】動詞

【意味等】

1)「失敗する」のばらす

《意味》しそこなう、やりそこなう、しくじる

《同義》しかぶる、ばらす、やりかぶる

《参考》「ばらす」は釣りの専門用語で「釣りかけた魚を逃すこと」としても使われる

《用例》
・おきなかタイば釣ったとやが、タモ網の間に合わんで…バライてしもうた
 →大きなタイを釣ったんだが、タモ網が間に合わずに…逃がしてしまった
・しきもしっきらんくせい…難しか仕事ば受け被っとうけん、バラカイテしもうた
 →できもしないくせに…難しい仕事を引き受けられされたので、しくじってしまった

2)「バラバラにする」のばらす

《意味》分解する、壊す、ばらまく、散らばらす、殺す、処分する

《同義》ばらかす、ばらす

《用例》
・古かバイクば乗らるるごとするけん、エンジンばバライテ…きれゆうなるごと修繕して
 →古いバイクをレストアするので、エンジンを分解して…オーバーホールして
・ここい…鶏糞ばバライトッテ、後で鋤いてナスやらトマトやら…夏野菜ば植ゆるけん
 →ここに…鶏糞を撒いておいて…後で耕してナスやトマトなどの…夏野菜を植えるから
・古か機械やけん…もう部品ななか、そぜた機械ばバライテ部品ば取って修繕すると
 →古い機械だから…もう部品はない、壊れた機械を分解して部品をとって修理するんだ

【参考】
・「ばらす」は、関西を中心に広く使われる方言
・一般的には「噓をあばく、真実を明らかにする」の意味で使われる
・また「おごる、気前よく使う」の意味があるが「ばらす」での使用は…ほとんどない
・「ばりこむ、はりこむ」として使われるので、その項目で解説する

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「あなた…別の女に子供がいるそうじゃないの…キーッ」
「違う…あいつが噓を言…」
「スピーチで…あいつの女性遍歴を暴いてしまったので…結婚式を途中で壊してしまった」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る