ひぐれさぐり、ひぐれさぐれ

【標準語】夕暮れ間

【品詞】名詞

【意味等】目が暗闇にとざされて物が見えない頃、夕暮れの忙しい時間

【同義】ひぐれさぐり、ひぐれさぐれ、ほのくれさぐれ

【参考】語源にはいくつかの説がある
1)ひぐれ(日暮れ)+さ(状態を示す接頭語)+くれ(暮れ)→日暮れ寸前
・「さぐれ」の「さ」は「語調を整える語」や「意志性を持たない状態性の接頭語」の説がある
2)ひぐれ(日暮れ)+さぐれ(まぐれ:夕間暮れの音変異)→日暮れ薄暗い

【用例】
・このヒグレサグリまで…どこで遊びよった?いっちょん帰ってこんけん、心配したばい
 →こんな夕暮れまで…どこで遊んでいたんだ?ちっとも帰ってこないので、心配したぞ
・あの人あ働きもんやもん…ひしてじゅう働いて、ヒグレサグレまで畑で働きよんしゃあ
 →あの人は働き者だよ…朝から晩まで働いて、夕暮れの暗くなるまで畑で働いているよ
・婆さんのそうついて…おらんげな、ヒグレサグレいなって…帰ってこんって大騒ぎやが
 →お婆ちゃんが徘徊して…いないそうよ、夕暮れになって…帰ってこないと大騒ぎだよ
・あっちゃあ毎日…ヒノクレサグレまでよう働かっしゃあが、あんまと儲かりよんなれん
 →あちらは毎日…夕暮れまでよく働かれるけれど、あまり儲かっちゃいない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説


【翻訳】
「じいちゃん!夕暮れに…どこに出かけるんだい!」
「家に帰るんだ」
「家は、ここだよ!」「ここですよ!家は…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る