ひっつきもっつき、ひっつきまいつき

【標準語】べたべたする、おしあいへしあいする

【品詞】動詞

【意味等】

(1)べたべたするの「ひっつきもっつき」

《意味》くっついて離れない、いつもくっついている

《用例》
・ああたたち夫婦な…ヒッツキモッツキしちゃあが、おんきゅうのつがいのごたる
 →あなたたち夫婦は…いつもくっついて離れないが、おしどり夫婦のようですね
・お前んがたの妹なあ、子供んときゃあ…いっつもあんたいヒッツキモッツキしよったなあ
 →君んちの妹は、子供の時…いつもあなたにくっついて離れなかったなあ
・ヒヨコのヒッツキモッツキするたあ、ああたば親鳥と思うとうとやなかと?
 →ヒヨコがくっついて離れないのは、あなたを親鳥と思っているんじゃないの?

(2)押し合いへし合いの「ひっつきもっつき」

《意味》ひどく混雑している、狭い所にたくさんの人が集まる、ぎゅうぎゅう詰め

《用例》
・通勤な毎日…満員電車たい、ヒッツキモッツキやけん…東京暮らしなくたびるる
 →通勤は毎日…満員電車だよ、ぎゅうぎゅう詰めだから…東京暮らしは疲れるよ
・三社参りい行たが…人の多して、ヒッツキモッツキして…ほにょっと参られた
 →三社参りに行ったけど…人が多くて、ひどく混雑していて…やっとこさ参拝できた
・寒かけん…押しくら饅頭ば…せん?みんなでヒッツキモッツキしたら、温うなるが
 →寒いので…押しくら饅頭を…しない?みんなで押し合いへし合いしたら、温まるよ

【同義】ひっつきまいつき、ひっつきもっつき

【参考】ひっつき(くっつく)+もっつき(餅つき)→ベタベタとくっつく

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「なに…あれ!ベタベタしちゃって…本当に…イヤらしい」
「本当は、うらやましいんじゃないのかい?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る